筆を知る よくあるご質問

HOME > 筆を知る > よくあるご質問

化粧筆についてのよくあるお問い合わせ内容をまとめました

1. チーク筆がほしいのですが、形が色々あってどうやって選べばよいのかわからないので特徴をおしえてください。
【穂先の形状について】※穂先=毛の部分
形状 特徴 商品例
丸平最も基本的なチーク筆。骨格にふんわりグラデーションが入り、自然な仕上りになります。S110, K020など
丸平大肌の上をコントロールして滑らせれば艶出しにもマット調にもいれられます。大きくたっぷりいれることも出来ます。アーティスト向け。G501など
尖りグラデーションやコントロールが簡単にでき素人向きです。S103など
まるくチークを入れたり、しっかり、発色させたいときに。210など
斜めふんわりニュアンスカラーをのせたり、ハイライトように。G503など
***毛質によっても特徴がありますのでくわしくは素材のことをご参照ください。
2. フィニッシング、パウダー筆を選ぼうとしたら毛先の形の違う筆がたくさんあり迷ってしまいます。それぞれの違いについて教えてください。
【穂先の形状について】※穂先=毛の部分
形状 特徴
斜めご自身で使用されるときに筆を起こす必要がないので使いやすいです。フィニッシング、ハイライトに最適。
フィニッシング、パウダーとしても使用でき、往復運動に適していますからシェーディングも上手く入ります。
オーソドックスなパウダー用筆です。回しながら毛先を滑らせるように使用します。お顔に薄づきでありながら満遍なくパウダーをのせるのに適しています。
丸平肌にツヤを出すのに適しています。発色をさせやすい形状です。パウダー用。
尖りコントロールがしやすいので、グラデーションが楽に出来ます。チークやハイライトに適しています。
ドーム艶出しに最適なパウダー筆です。力を入れず、やさしく円を描くように肌の表面を滑らせましょう。
3. アイシャドウ筆は何本もあった方が良いのでしょうか?
アイシャドウは筆1本で全てを表現することは困難です。ベース用・グラデーション用・目の際用など、3~5本お持ちになることをおすすめ致します。
具体的な弊社の商品ですと
ベース用:B120BkSM
グラデーション用:B004BkSM
目の際用:B005BkSMB533BkSM
などをおすすめ致します。
4. 自然な眉を描きたいのですが、オススメのアイブロウ筆はありますか?
【眉用筆の種類】
品番 特徴
K015一般的なサイズの眉用筆。描く、ぼかす、両方向き。
S163毛丈が短くコシがあるので細い線が描ける。眉山~眉尻のラインを繊細に描きたいときに。
S162リキッドでしっかり描きたい眉や細眉向き。アイシャドウライナーにも使えます。
G524絶妙な幅を活かし、ぼかし込んだような眉が素早く描ける。眉山~眉頭のぼかしにも最適。
★今までペンシルだけ仕上げていた方は是非お試しを!アイブロウパレットは眉に馴染みこむ全6色。しかもお手頃価格!手早く、簡単に、美しく、極自然な眉化粧が完成します!
5. 筆のお手入れ方法ですが、どの位の頻度で洗えば良いのでしょうか?
ご使用状況によりますが、毛玉状に毛先が固まっている、発色が悪くなった等、不快に感じた場合はこちらのようにお手入れをおすすめします。あまり洗いすぎると筆を傷める原因となりますので、ご注意下さい。毎日、正しく使っていただくことで仕上がりもよく、筆もぐっと長持ちします。
6. ハイライト筆について、ふんわり発色するものとシッカリ発色するものを教えてください。
ふんわり発色するのは柔らかい毛質の商品でS116(灰リス)、5521(灰リス・山羊)がおすすめです。
またパール系をご使用になるのでしたらG512(灰リス・山羊)もおすすめ致します。
比較的シッカリ発色するものはK001(灰リス・馬)、S113(山羊)がおすすめです。
また、穂先形状が尖りタイプのJ5521(山羊)は初心者でも使いやすく便利なハイライト筆です。
ラメパウダーを仕上げ用ハイライトとして使う場合は、ラメがごく自然な発色になるJ4001が最適です。
7. チーク筆で携帯リップブラシのようにカバーがついてるタイプ
キャップの付いたチーク筆はH601H602H603H601Piなどがあります。
8. パウダーファンデとチークを筆でつけたいと思っているのですが、あまりの種類に正直どれが良いのかわかりません。肌が強い方ではありませんし、毎日使うものなので肌に優しい筆がいいなと思うのですが?
肌があまり強くないとのことですので、山羊のコシの強さとリスの肌当たりのよさをブレンドした商品をおすすめ致します。
  • パウダー用・・・G509(灰リス・山羊)、細光峰 きのこ筆 大 楓
  • チーク用・・・・G507(灰リス・山羊)→あたりがやわらかく、肌に優しい。
9. 化粧筆ビギナーはどのシリーズの筆を使ったらいいですか?
特にビギナー用というシリーズはございませんが、基本セレクションからお選びいただければ、どなたにも使いやすい基本の筆を各シリーズから集めております。
また、比較的お手軽にご使用いただけるKシリーズは当初理美容学校様向けの教材にご提案しておりました。好評のためホームページにも掲載させていただいております。
10. パウダー用筆を探していますが、山羊毛とリス毛の差はなんですか?
仕上りの違いで大きく分けると、山羊毛→ツヤ肌、リス毛→マット肌、となります。
毛材 特徴
山羊毛テカリ、脂性肌でお悩みの方に。薄粉が自然にのるため自然に毛穴を隠す効果もあります。さらに毛先全体を使って、何度もツヤを出すように撫でることでツヤが出ます。ルーセントやパウダリータイプにも向きます。
灰リス毛 乾燥肌、敏感肌でお悩みの方に。コシがなく柔らかいのでパウダーが肌の上でふんわり浮くようにのるのでマットな仕上りになります。デリケートな毛質なので必ず筆をねかせて表面を使いましょう。ルーセントタイプ向き。繊細な毛質なので油分の多いパウダーには不向きです。