商品のご案内など 特別セットのご案内

HOME > 商品のご案内など > 特別セットのご案内 > 伝統的な日本の刃物技術を活かした、眉カット専用の「鋏」が誕生!

2006.10
伝統的な日本の刃物技術を活かした、眉カット専用の「鋏」が誕生!「白鳳堂 眉カット鋏」

世界に冠たる日本の刃物の伝統―――

なかでも東京の刃物文化は江戸時代からの歴史がある職人技。
その職人技の中でも理美容ばさみの技術を注ぎ込み誕生したのが、ホンモノの「鋏-はさみ-」として機能する、白鳳堂の「眉カット鋏」。
毛髪を切るための理美容ばさみは精密な裏スキ加工など緻密な技術と職人技が必要とされます。
これらによって、面と面で切る安価なハサミでは逃げてしまって切りにくい毛髪も点と点で捉え、思い通りに切ることが出来るのです。

眉カット鋏

*専用本革ケース付き

本体価格:12,000円+税

販売を終了しました。ご了承ください。

毛髪を切るエキスパート、理美容ばさみ技術

刃形状は理美容ばさみで用いられている、セミコンベックス型(はまぐり型)を採用。 職人による緻密な磨き作業を外してはつくり得ません。量産品に使われる平刃タイプと比べ厚みがあるので、“切る”ためのチカラが格段に違います。 刃角度についても従来の眉用ハサミの段刃タイプ(約80度前後)に比べると、白鳳堂眉カット鋏は40度以下と鋭角になっており、 セミコンベックス型の刃先には糸刃と呼ばれる繊細な刃が存在します。 だからこそ毛髪を逃がさず、切りやすい!

鋏の生命線 ~裏スキ加工~

切れ味を追及するため、裏スキ加工も徹底しています。 裏スキとは、刃の裏側、つまりすれ合う側に浅いくぼみをつける加工のこと。さらに一点だけがすれ合い、毛髪を捉えるよう、 刃線と平行で峰側に抜ける微妙なひねりが加えてあります。この加減が、切れ味・調子などすべてにわたって影響するのです。 裏スキ加工部分こそが、はさみの生命線といっても過言ではありません。長年の経験から生み出される職人技をなくしては得られない切れ味を実感してください! 一本一本、職人による手作業で細かな裏スキ加工を施した、小さいながらも優秀な「鋏」。 だからこそ毛をしっかりと掴み、毛が滑って切りづらいなどのストレスを感じません。 本物である証として、職人による“砥ぎ直し”が可能です。
セーム革でお手入れをしても切れ味が戻らない際はご相談ください。(有料)

[材質]刃物用ハイステンレス鋼(特殊熱処理済)ステンレスベースなので、硬度を高く保ちつつ粘りをもたせることで、切れ味良く永切れし、サビにくく、 メッキ加工のように表面が剥がれることもありません。

丁寧な裏スキ加工、故にバリが出る!

“鋏”の刃先には裏スキ加工がしっかりしてあるが故に、精密なすり合わせを重ねるうち、 右図のような目では見えない程の微細な「バリ(稜にはみ出た余分な部分)」が出てきます。 バリを取り去ることで切れ味が格段に良くなります。
セーム革での定期的なお手入れをおすすめします。

お手入れ方法

◇使用後は柔らかいブラシ等で残っている毛を完全に落とし、清潔に保管 してください。

◇定期的にセーム革(別売)で刃の裏側を、 峰側から刃先側に向かって強めに拭き上げると切れ味が良くなります。このとき、鋏の要(かなめ)を押さえながら拭くと刃先が安定します。

◇長期間ご使用にならない場合は市販のシリコン配合シザー専用オイルを刃の裏面全体に塗布してください。 使用時はオイルを軽く拭き取ってからご使用ください。

※鋭利な刃物ですので、お取扱いには十分にご注意ください。
MADE IN JAPAN

眉カット鋏

*専用本革ケース付き

本体価格:12,000円+税

販売を終了しました。ご了承ください。